TOP

新年の目標は貯蓄作り!いらない出費を減らして未来に備えよう

新年なのに景気悪い話で切ないですが、いわゆる不景気なこんな時代。
未来のためにも貯蓄はいくらあっても困りません。
本格的に未来に備えるために、質素倹約に励んで貯蓄作りに精を出してみてはいかがでしょうか。

と言っても、じゃあ大金を得るために稼ぎのいい職に転職しなきゃ、とか、温泉掘ってひと儲け、では現実的でありませんので、まずは身近なところでの節約術の紹介から。

1.物欲を抑える
まずは、当たり前ですが、出費を抑えることがなにより。
となれば一番日々出費につながるのが買い物。
ここで、ひとつ、無駄遣いをしないポイントとして、

・まず必要以上に大金は持ち歩かない(衝動買いできないように)
・生活必需品以外を買いたい時はまず迷うようにする(思いとどまるように)
・買いたいその品は本当に必要なのか?もしその金額があったら他に何ができるだろうか、と未来を思い描く

少なくともこうして余計な出費は抑えるとよいです。

2.そもそも節約
身近なところですが、最低限出ていくお金はあるでしょうが、それを最小限に抑えるべく、少しずつ切り縮めていきます。

貧乏対策節約術!不景気を生き抜く生活の知恵 - NAVER まとめ

この長らく不況の時代。そもそも現金収入が少なくなりがちで、知恵を振り絞り節約して生きていくしかない状況ですので、少しでも余分な出費を減らせる方法を考察、解説しま...
NAVER まとめ

・使わない電気はこまめに消す、待機電力を食わないように普段使わない家電のコンセントは抜く(電気代節約)
・携帯電話、ネット回線の料金プラン、契約会社の見直しをしてより安いものを選ぶ
・スーパーのレジ袋をゴミ袋にしたり、割りばしを再利用したり、資源を使いまわして節約

などで日々の出費を抑えられます。

3.どうしても買わないといけないものはより安く
上述してきたような内容で節約しても、日々の食料や生活必需品はどうしても買わねばならないもの。
ならば、せめてそうした買い物は大量買い、激安販売のお店などを利用して、出るお金を少なく抑えるようにしましょう。

食料品の買い物にいい業務スーパー

節約自体が目的になってしまうのもあまりよいとは言えませんが、
その先のきちんとした貯蓄や人生設計のため、
ここでがんばってみるのもよいことかと!
どうぞご参考に、がんばってみてください☆

.

最終更新日:2018-11-30 10:04

コメント (0)