TOP

年の始めだからこそ断捨離を!身軽なライフワークを手に入れよう!

人の世の、欲にまみれた生き方に浸かり過ぎて、いらないもの、こと、に取り囲まれ、かえって不自由に生きていませんか?
新年だからこそ、決意して何かを始めるには最適!
そんな時には、一大決心をして、断捨離を始めてみてはいかがでしょうか?

断捨離とは
断捨離(だんしゃり)とは、不要なモノなどの数を減らし、生活や人生に調和をもたらそうとする生活術や処世術のこと。基本的にはヨーガの行法、「断行(だんぎょう)」、「捨行(しゃぎょう)」、「離行(りぎょう)」という考え方を応用して、人生や日常生活に不要なモノを断つ、また捨てることで、モノへの執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようという考え方、生き方、処世術である。(wiki参照)

これまでよく考えればいらないとわかるのに、ついつい買ってしまったりしてため込んだ不要品の山などありませんか。
中には、もちろん必要なものもあるかもしれませんが、よくよく考えれば不要であれば、そこは涙を飲んで手放してしまいましょう。

もちろん、断捨離をするからと言って、家の中の物をすべて捨ててしまってはもちろん生活が困りますので、
(結果必要なものを買い足していたら本末転倒ですし)
以下のようなフェーズで整理していくとよいです。

1.明らかな不用品は捨てる
ただなんとなくで溜めてしまったもの、例えばよく見るからとスーパーのチラシ、きれいだからと空き箱や包装紙、何かの記念品、日々使うもの以外は手放してしまいましょう

2.使う頻度と必要性から考えて捨てる
例えば買ってから一度しか使っていない家具等があれば、それは本当に必要ですか。
二度目をいつ使うかわからないのに家の大切なスペースをずっとふさぎ続けていませんか。
次に使うあてがなく、かつ換金性のないようなものは手放してしまいましょう

3.思い出の品
これは個人の物持ち、大切さによりますが、思い出の品で、例えば学生時代に使った学校の品など、大人になっては絶対に必要としない品などもあります。そういった思い出の品だけで物置がふさがっているケースなどが多々ありますので、いつか使うかも、など考えず、今必要でないのならば手放してすっきりしてしまうのもありです。

心おだやかな生活を送るため、一年のスタートに、こんな断捨離のスタートもいかがでしょう。
ぜひすっきりしたお部屋と、すっきりした心で新年を送ってみましょう。

.

最終更新日:2018-11-30 10:04

コメント (0)